土地や建物といった不動産資産をお持ちの方が遺言書を作成する場合には、法務局で最新の登記簿謄本を取得してその記載どおりに記入したり、建物の資産評価証明書のとおりに記載したり、区分所有建物及び敷地権を含めたりと、専門的な知識が求められます。それぞれの形式や注意点などについてもわかりやすくアドバイスしつつ、希望される場合には文案作成も承っております。